RSS | ATOM | SEARCH
新デッキその3

バラしました。

5月と6月の2ヶ月で実際に対戦する機会が一度しかなくがなく

その対戦も未完成の時械神デッキの相手をして終了。

正直やる気が全く起きないまま気づけば6月も半ばとなり

新規制の予測をあちこちで見ている内に

もう新規制を見てから作たほうが良くね。という投げやりな気分に。

 

3番目のデッキも黒庭帝なんですが

その2と違い新要素「壊獣」を組み込んであります。

デッキその1の時にマスPを倒すには壊獣しかないとの結論に至りましたが

仕事で揚げ場に立っている時に唐突に閃いたのです。

「黒庭と壊獣って相性最高じゃないか!」と。

 

黒庭発動下で相手の厄介なモンスターを壊獣に変えれば

こちらの場にローズトークンが特殊召喚される。

邪魔者を排除しつつリリース素材も確保できるという画期的なコンボ

黒庭に新たな可能性が生まれた瞬間です。

 

さらにもう一つの新しいアイデアとして「死のデッキ破壊ウイルス」の採用

純真竜や真竜混成のデッキレシピを見ていると

真竜は高打点なのに混成パーツのモンスターは低打点が多いことに気づきました

純真竜に至っては枚数が少ない真竜全てがウイルスの餌食になる

壊獣の強制リリースとは別に無防備な状態で手札にいる時に

消し飛ばすのもアリかも。

 

こちらはドラDでサーチされたり真竜の復活など抜け穴も多いですが

選択肢を狭めるという意味では意外と刺さるかもしれない

何より攻撃力の低いモンスターがデッキから落とせないのがいい

恐竜真竜のプチラノやべビケラにウイルスのデメリットを利用されない

鬼門は幻創ミセラだけど・・・試み自体は面白いと思う。

 

こんな感じで詰め込んでいったらデッキ枚数が50枚を超えてしまった・・・。

45枚くらいになってくると「あと3枚増えても・・・」

48枚になると「あと2枚増えても変わんないんじゃ・・・」

「50枚になっちゃたならいっそ・・・」

一度60枚デッキなんて作ってしまうと感覚がマヒして

色んな要素を突っ込んでみたくなってしまう。

 

かと言って芝刈り系の60枚デッキはあまり好きになれないんですよね。

昔からライトロードとかの大量墓地肥やしをするデッキって

なんか勿体ない感じがするんですよ

もちろん結果的にアドが取れるように戦略的に組んであるし

インフェルノイドのように墓地から展開するデッキが強いのは知っていますが

緻密に組んであればあるほど大事な局面で欲しいカードが落ちてるって

やっぱり好きになれないんですよね。

 

話がそれてしまいましたが、そんなこんなで一度気持ちをリセットして

思いついたアイデアを素にその3を作っていこうと思います。

早く来ないかな新制限。

 

 

 

 

author:ベレッタ, category:遊戯王, 20:13
comments(0), trackbacks(0), - -
やっぱり黒庭帝

モンスター 15枚  魔法 21枚  罠 6枚

アイテール×3    テラフォ×3   真源×2

クライス×3     黒庭×3     連撃

エレボス×2     増援     ディノミスクス×3

怨ガイウス       141

イデア×3                マスク2     

エイドス×2     おろまい

ゼピュロス          深怨×3

            烈旋×3    計42枚

            開岩×3

            汎神

              真帝王領域

 

新デッキその2

私が作ってきた黒庭帝シリーズの中でも

ほぼオーソドックスな形に仕上がっていますが

見たら分かるように異物が混じっています。

「バージェストマ・ディノミスクス」

手札コスト1枚で表側表示のカードを一枚除外する

専用デッキでなくとも使える汎用カードです。

 

なぜ今回これを採用したのかというと

単純に除外系の罠が使いたかったからです。もちろん狙いはマスターPであり

黒庭で気をそらせて魔法耐性を持って立った瞬間に。ただそれだけ。

 

まあ、因果切断と違い、魔法・罠も除外できるので

真竜の継承や使徒、黙示録などにも対応できますし

帝の生贄確保にも微力ながら使えることもあり

結構気に入っています。

 

ただ残念なことに実戦で試す機会が全くない。

5月は大会に参加できる日が一日しかなく

その日も人手不足という素晴らしい理由で消滅しました。

現在総菜部門はパートさんを絶賛募集中です。

 

author:ベレッタ, category:遊戯王, 21:41
comments(0), trackbacks(0), - -
帰ってきたルルーシュ

コードギアスの3期制作が決定したとの話を、つい最近耳にしました。

正直戸惑いが隠せませんでした。謎は多く残しましたが

最終回は素晴らしいの一言に尽きる内容。ここで続編なんか出したら

なんとかAOみたいになってしまうのではないかと。

 

元々ルルーシュの死亡・生存説で長い事割れていましたが

3期はルルーシュ本人が登場するということで一応の決着となり

しかも物語の舞台はゼロレクイエムから数年後の世界

本編では語られなかったギアスの謎など期待する要素はたくさんあるんですが

やはり一抹の不安をぬぐい切れな・・・かったんですが

今日PVを見てそんな不安は木っ端微塵に吹き飛びました。

https://www.youtube.com/watch?v=lvF19D7WemQ

 

見終わった感想として真っ先に出てきたのが「早く見たい!」

もう楽しみで楽しみで仕方がないですね。とりあえず

もう一度コードギアスを最初から見ておこうと思います。

 

ここ最近エウレカやBLOOD+などの作品が

何らかの形で続編の制作を発表していますが

もう10年以上前の作品なんですよね。コードギアスも含めて。

たしかガンダムOOも今年で十周年じゃなかったかな。

当時(高校生)夢中になった作品が今でも愛されていることを嬉しく思う反面

もう10年経つのかと、やはり少しの寂しさがあります。

いつまでも愛される名作として輝き続けて欲しいと思います。

 

author:ベレッタ, category:メディア紹介, 22:36
comments(0), trackbacks(0), - -
また来年頑張ります

モンスター 23枚   魔法 15枚  罠 4枚

アイテール×3      妨げ      神の警告

クライス×3       増援      真源×2

エレボス×3       141       連撃

怨ガイウス                  汎神

ダムド        深怨×3

ガメシエル      開岩×3

ラディアン      烈旋×3

クモグス       真帝王領域×2

サンダー・ザ・キング

バオバブーン×3           計42枚

イデア×3

エイドス×2

 

新デッキその1

マスターPを倒すには壊獣しかないとの結論に至りました。

2種類の耐性を獲得できるマスターPは耐性のないほうで倒すより

リリースしてしまうのが手っ取り早いということで

シンプルに帝に壊獣を加えたデッキです。

 

バオバブーンは手札でダブった壊獣などを交換する役目と

全て墓地に送られれば墓地闇3でダムド出せるので採用しました。

ダムド自体が深怨に対応できる帝値なので、2体場に出たバオバブーンを使い

帝をアドバンス召喚し、開岩でダムドをサーチして特殊召喚する流れが理想です。

 

元々帝はエイドスやエレボスなどの墓地調整がしやすいカードが多いので

初期の帝王デッキに採用していましたが

ここに来て、再び採用する事になるとは夢にも思っていませんでした。

 

一応真帝王領域を2枚投入した0帝です。環境トップの真竜に対応するのは

壊獣と神警ぐらいですが、リンク召喚もまだまま先行き不透明なので

ありかなと思っています。

 

 

 

 

author:ベレッタ, category:遊戯王, 23:55
comments(0), trackbacks(0), - -
久しぶり

パソコンの調子が悪く、長いこと書けませんでしたが

修理に出してようやく帰ってきました。

騙し騙し使っていたんですが、やはり限界がありました。

 

4月に入り、マスタールール4が導入されましたが

とりあえず、十二獣ざぁま(笑)

自分も使っておいてなんですが

帝デッキに最低限の要素を出張させた私のデッキと比べ

ライカなどを加えた十二獣混成デッキは展開力がエグかった・・・。

コナミも今回の規制は頑張りましたが

いい加減に壊れと規制のいたちごっこはやめにしませんか?

 

3月の店舗代表決定戦では壊獣十二獣と真竜十二獣にフルぼっこ

唯一決勝まで進めた時はたまたま十二獣混成デッキと対戦しませんでしたが

決勝の純真竜に力及びませんでした。

壊獣十二獣を使っていた方が「十二獣が入っていないデッキは遊戯王のデッキではない」

と言っていましたが、まあ、あながち否定できない環境でした。

 

マスタールール4に伴い前のデッキをバラし、新デッキを構築中ですが

純真竜と対戦したことで、かなり精神的ダメージを受けています。

一応帝を中心としたデッキで数々のデッキを打ち破ってきました。

中には同じようにアドバンス召喚を多用するクリフォートにも

全盛期は無理でしたが、勝利をしています。

帝デッキを使って約10年。ここに来て真竜デッキが

アドバンス召喚のデッキとして、完全に帝の上位互換ではないかと

そんな事を考えてしまっている自分がいます。

 

真竜魔法・罠は優秀な効果を持ちつつリリース要員にもなり

あればあるだけアドバンス召喚が出来る。

リリースに使えば破壊効果が使え

それらは真竜モンスターの効果やドラゴニックDの効果で容易にサーチが可能

ドラゴニックDに関してはテラフォという優秀なサーチ手段もあり

エースモンスターのマスターPはフリーチェーンの破壊効果に加え

2種類の耐性も獲得可能。

これだけでは飽き足らず、極めつけはリリース要員の確保が簡単なので

うららやうさぎ等の手札誘発系の妨害カードを投入しても事故率が低い

 

相手ターンにアドバンス召喚すら帝の専売特許でなくなってしまったこの環境で

帝を続けていくことに意味はあるのだろうか?と真剣に悩みましたが・・・

今はもう立ち直っています。それでもやはり私には帝しかないんだと

ここまで来たら最後まで帝を貫き通してやろうと覚悟を決めました。

心が弱っている時に集めた真竜パーツとはおさらばです。

 

そして現在は3つの新しいデッキを完成させました。

まだどれを実戦で使うか決めかねてますが

お披露目は4月30日の店舗代表決定戦最終戦という大舞台。

我が惣菜部門の人手不足と多くのお客様からの注文のため

4月はこれ一回きりしかチャンスがありません。

弁当300個の注文程度ではもはやなんとも思わない自分がいる・・・。

兎にも角にも邁進するのみ。帝に幸あれ!

 

 

author:ベレッタ, category:遊戯王, 22:38
comments(0), trackbacks(0), - -
魔術師がめんどくさい

メディアクラブNISHIKIの公認大会に参加。

 

1回戦 VS 光天使 ○○

 

光天使というよりは光天使を使ったランク4エクシーズデッキだったのかな?

 

よく分からないうちに倒してしまった。

 

決勝戦 VS 魔術師 ○×○

 

ストラクを使った魔術師デッキがとんでもなく面倒くさい。

 

アストログラフからズァークを出されたが

 

真竜マスターPの耐性と真源で1ターンしのぎ

 

次のターンにアイテール+αで他のモンスターをボコってライフを削り切った。

 

今回は新しいデッキを使っています。その名も「ブリリアント真竜十二獣帝」

 

初めて作った60枚デッキです。詳細はまた今度載せますが

 

結果が残せてよかったです。今の内容で戦えるのは3月いっぱいまででしょうが

 

マスタールール3を最後まで目一杯堪能しようと思います。

 

新しく導入されるリンク召喚でしたっけ? とりあえず無視する方向で

 

0帝の頃に戻って、新しいカードを混ぜる感じで

 

とりあえず安定ではないかと思っています。

 

コナミもちょっとペンデュラムはやり過ぎたと思ったのかな?

 

まあ、私は帝で戦えるなら何でもいいんですが。

author:ベレッタ, category:遊戯王, 21:55
comments(0), trackbacks(0), - -
ブリリアント帝改

モンスター 21枚  魔法 15枚  罠 6枚

アイテール×3      汎神      真源×2

クライス×3       真帝王領域   連撃 

エレボス×3       烈旋×3      リインフォース×3

怨ガイウス      深怨×3

メタファイズ     開岩×3

銀河戦士×2       ブリリアント×3   

ラズリー×2       増援        

イデア×3                計42枚

エイドス×3

 

去年最後に使っていたデッキ


世界大会の0帝に刺激を受け、最初に完成したのが

 

ブリリアント帝というのもなんだか変な話ですが

 

このデッキの前に使っていたのが黒庭ブリリアント帝でしたので

これが一番取っ掛かりやすかったんです。

ブリリアント帝を使うようになってから

 

メタファイズがどうにも扱いづらく感じていました。

 

素引き、もしくはラズリーの効果で回収しても深怨の発動用

 

アドバンス召喚して開岩に繋げることもあるが、ジャックスナイトに比べると

 

やはり無理やり感があり、以前は141のコストに使っていたが

 

手札に来たラズリーのほうがコストとしては最適。

 

もっとこいつに合った運用法はないかと

 

考えていた時に思いついたのが銀河戦士なのだ。

 

メタファイズが手札にあれば、そのままコストにして特殊召喚ができ

 

メタファイズはブリリアント融合でデッキ、墓地から回収が可能

 

そして何より、手札にブリリアント融合とメタファイズが揃ってしまっても

 

銀河戦士がいればサイドラ∞まで繋げる事が出来るだけに飽きたらず

 

レベル5の上級モンスターであるため、銀河戦士1枚でその効果により

 

アドバンス召喚用のリリース素材確保と同時に

 

アドバンス召喚先まで用意してくれる。

 

手札の状態で2体特殊召喚出来ない時は開岩を使えば

 

ジャックスナイトの役割も兼ねるし

 

ヴェーラーなどでサーチを止められても、セラフィでランク5に

 

真源の帝王でプレアデスになるという至れり尽くせりなモンスター

 

結果として、このデッキを使っていた期間は帝よりも

 

サイドラ∞の活躍のほうが記憶に残っているという状態に・・・。

 

大会でもよい成績を残してくれたデッキで、私自身も楽しかったんですが

 

1月に十二獣の規制がないと分かった段階でバラしました。

 

ギミックとしての最低起用枚数が同じ6枚でも、単体で動けるのが6枚中3枚の

 

ブリリアント融合と、6枚中6枚全てが単体で機能し

 

なおかつ、炎舞など複数の手段でアプローチできる十二獣を比べると

 

十二獣に軍配を上げざるを得ません。

 

残念ではあるが仕方がないと思っていたが、この後に出来た2種の十二獣帝に

 

意外な形で影響を及ぼしてくるとはこの時は夢にも思っていませんでした。

 

 

 

author:ベレッタ, category:遊戯王, 23:19
comments(0), trackbacks(0), - -
2017年

明けましておめでとうございます。

 

昨年は木花店の惣菜へと異動となり、初めての年末を過ごしました。

 

注文分と店売り分を合わせて大量のオードブルを作り

 

年明けて2日の仕事開始もオードブルを作るのに午前2時に出勤し

 

3日もオードブル作りで午前4時に出勤とオードブル三昧な年末年始

 

とにかく忙しくて疲れました。「1年の計は元旦にあり」とは言いますが

 

疲れてそれどころではなく、気が付けばもう6日・・・。

 

ということで今、今年の目標を3つ決めました。

 

1 仕事を頑張る

 

惣菜での仕事も5か月を過ぎ、仕事には慣れましたが

 

まだまだ至らないところばかりです。今年から新しい仕事を任されるようなので

 

気合を入れて臨みたいと思います。

 

2 体重を落とす

 

惣菜に来てから体重が元に戻りました。理由は察してください・・・。

 

運動計画の練り直しです。また、今年から卓球を始めます。

 

「灼熱の卓球娘」を見ていたら無性にやりたくなった。するとなると高校以来

 

卓球教室も見つけたので、とりあえず試験が終わる2月頃から始めようと思います。

 

3 ブロック代表決定戦突破

 

そろそろ一回戦敗退は卒業したい。帝王で今年も行けるかどうか分からないが

 

帝と共に前進あるのみ。早速新しく作った「十二獣帝」を試験運用中

 

1月の規制で引っかかるかなと思い様子を見ていましたが

 

ノータッチでしたので、現在その安定感を堪能しております。

 

十二獣からキングレムリンに繋げることでバイトロンをサーチして

 

深怨を腐らせずにデッキの安定感を高めてくれるこの流れが

 

最近耳にした「簡易LLネプチューン」という阿保みたいなコンボも搭載可能にし

 

烈旋+アイテール(最強)で逆に相手のコンボを阻止できるという

 

なんともまあうってつけな展開になっています。

 

まさかあのネプチューンが打点6000で毎ターン5000ダメージを相手に与える

 

脅威の進化を遂げることになると当時は全く思っていませんでしたが

 

とりあえずファイルにしまったままほったらかしにしていた

 

過去の自分をほめてやりたい。

 

そんなこんなで2017年も趣味も仕事も全開で行こうと思います。

 

今年もよろしくお願いいたします。

author:ベレッタ, category:雑記, 23:20
comments(0), trackbacks(0), - -
快進撃

メディアクラブNISHIKIの公認大会に参加。

1回戦 VS 花衛札 ○○

初めて対戦するカテゴリーですが、まあ、次から次へと

花衛札が出るわ出るわ。五光を潰しても雨四光が出てくるので

非常に鬱陶しかったのですが、デッキの構成上相手ターンにほとんど動きがないので

連撃と烈旋を駆使して処理していけば問題なく勝利。

怨邪帝が生き生きしており、5枚除外は大変おいしかったです。

決勝 VS 青眼(乙女軸) ○○

全体的に高い打点が厄介ですが、烈旋とアイテールでのらりくらりとかわし

とどめは滅多に使わないNo.38 希望魁竜の3番目の効果

光波竜を青眼に自爆特攻させて、6000打点にした希望魁竜での一撃。
 
@ホーム柳丸店の公認大会にも参加。

1回戦 VS RR ○○

この対戦が一番長引いた。多彩なRUMでアルティメット・ファルコンまでいくと

倒す手段が最上級帝+真帝王領域しかないので、苦戦を強いられ

結局勝負を決めたのは怨邪帝の効果ダメージでした。

決勝 VS Emライロ ○○

こちらも初めて対戦するデッキ。ライトロードと対戦するなんて何年ぶりだろうか。

ランク4のセイントミネルバを中心に墓地を肥やしていましたが

ミネルバを処理すると、その後の展開がおぼつかず

サイドラ∞を立てるとほぼ詰みでした。後で聞いたところによると

シラユキを持っておらず、未完成だとのこと。確かにこのデッキには必要ですね。

最近非常にデッキの調子がよく、先攻でも後攻でも全く事故らず全勝

なんかちょっと気持ち悪いな・・・この快進撃がいつまで続くか

出来ればずっと続いてほしい。

 

author:ベレッタ, category:遊戯王, 23:56
comments(0), trackbacks(0), - -
順調に積む
@ホーム柳丸店の公認大会に参加。

総当たり戦
1回戦 VS EM魔術師 ○○

サイドラ∞がひたすら吸い込んでいった。

2回戦 VS DD ○○

新制限後初の対戦でしたが、やはり今回の規制は厳しかったようで

今までの苦戦が嘘のように終始圧倒して勝利しました。

3回戦 VS ABC ○○

今回は浮幽さくらをばっちり用意しての対戦でしたが、結局使わなかった。

烈旋でアイテール、もしくはアイテールからのクライスで

ドラゴン・バスターをバラけることなく処理できるのが強い。

1回戦が決勝戦なんてのを除けば、1戦も落とすことなく優勝するなんて

初めての経験かもしれない。今回のデッキは大変順調で

どこまで続くか非常に楽しみです。


 
author:ベレッタ, category:遊戯王, 20:44
comments(0), trackbacks(0), - -